2008年07月07日

スクランブル・ウィザード/[すえばしけん]

スクランブル・ウィザード (HJ文庫 す 3-1-1)スクランブル・ウィザード (HJ文庫 す 3-1-1)
かぼちゃ

ホビージャパン 2008-07-01
売り上げランキング : 339

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


教師と生徒の危険な関係!

無愛想かつぶっきらぼうな教師と優等生であることを演じ続ける少女のスクールパニック!?

面白かった。HJ文庫大賞受賞の名に違わぬ良作でした。
幼い頃から姉の背中を目標に魔法士を目指した十郎と月子の未来を上手く重ねあわせた演出はお約束ではありますが、なかなか良い締めくくりでした。すっきりとした読了感を味わえましたよ。
何気に月子のフラグもしっかりと立てて、今後の展開も楽しみを持たせる辺りもこの題材は結構好きみたいです。

続きを読む
posted by When at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | HJ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

アニスと不機嫌な魔法使い/[花房牧生]

アニスと不機嫌な魔法使い (HJ文庫 は 2-1-1)アニスと不機嫌な魔法使い (HJ文庫 は 2-1-1)
植田 亮

ホビージャパン 2008-07-01
売り上げランキング : 746
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


赤毛のアニス、運命に立ち向かう!

初HJ文庫はガチのファンタジーでした。
設定はこれからいくらでも話を膨らませられるくらいのポテンシャルはありそうな作品でした。完全に王道路線をいくファンタジー物語ですが、魔法に召喚にそして凸凹親子に一癖も二癖もあるサブキャラ達など冒険ファンタジーというよりはやはり出会いを通じてヒロインのアニスの成長を見守っていくような、ハートフルな傾向が強い作品。

メインキャラ側の登場人物はかなり面白めなキャラが多く、物語の大半をしめる塔での生活パートはそれなりに楽しめましたが、敵側の印象がいまいち薄くてあまり脅威に感じられず、シリアス度的にはいまいちでした。ちょっとシドが強すぎたのでバランスが偏ったかな。
ほんとにティーンズ向けのやさしめなファンタジー作品ですね。

続きを読む
posted by When at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | HJ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。