2008年09月29日

もふもふっ 珠枝さま!/[内山靖二郎]

もふもふっ珠枝さま! (MF文庫 J う 3-7)もふもふっ珠枝さま! (MF文庫 J う 3-7)
内山 靖二郎

メディアファクトリー 2008-09
売り上げランキング : 1207
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ふん、神を謀ろうなど百年早い。

珠枝様学校に行く!?

あ〜面白かった。と言うよりも楽しかったの方が強いかな。どちらにせよ学園モンスターコメディなのかな?愛らしいキャラクタばかりでストーリーもコミカルかつファンシーでワクワクしてしまうよなゆる〜い展開が良い。

どこかで読んだ事あるなぁ〜と思っていたら、「おきにいり」シリーズの続編だった。さわりだけ読んで全4巻いにしえの積本タワーの一角を担ってしまっているので、今月の新刊を読み終わったら手をつけていきたいですね。とりあえず前作を読んでみたいと思わせるくらいに緩くて面白かったです。おなじタイプの作品「ほうかご百物語」より好みでしたね。

と言うわけで前作を読んでいない状態で今作にいきなり読み始めましたが、これがまた上手く繋げているのか違和感なく入り込めました。これだけラノベを読んでるとどこかしこからココは前編の設定が絡んでいるなとかがわかってくるので、そこら辺はあまり深く考えずに流されるまま読みすすめました。
ただ、上手いように前作を引っ掛けているのでどうしても読みたくなっちゃうじゃないか前作を!

雰囲気がちょっとえっちでキュートな神様や妖怪たちが主人公・智宏を中心に描かれるドタバタコメディでぺとぺとさんっぽい感じが一番近いです。
家神さまである珠枝さまはふわふわもふもふしたものが大好きなロリっ娘神様と妖怪にや神様になぜか好かれてしまう少年・智宏。今巻は学校の守り神であるマドカが引退したいと言う要望を受けて代わりの神様を探す話と、智宏を初対面からスケベ呼ばわりする謎の転校生の秘密の話となぜか水泳大会仕合と言った感じでほんとにほのぼの〜っとしてます^^

ゆるくてぬるいほのぼのコメディでしたが、疲れたときでもつい読んでしまいたくなるような癒やしてきなものもあるので結構好みの作品でした。
posted by When at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。