2008年09月27日

SH@PPLE-しゃっぷる-3/[竹岡葉月]

SH@PPLE―しゃっぷる―(3) (富士見ファンタジア文庫 た 3-1-3)SH@PPLE―しゃっぷる―(3) (富士見ファンタジア文庫 た 3-1-3)
竹岡 葉月

富士見書房 2008-09-20
売り上げランキング : 872

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



燃えろよ燃えろ学園、炎上! それでも恋、つづけます!?

女装がバレた!?
風雲急を告げる急展開は嵐の予感。

スキャンダル騒ぎで動揺する生徒会の面々をよそに何とか平静を保ち冷静に新聞部に対し対処した雪国だが、心中は一転動揺しまくりでついにはこの入れ替え通学を噂が消えるまでやめることに。
元通りの生活に戻った雪国と舞姫はいつの間にか元の学園生活に違和感を感じている事に気付く。

雪国が青美女学院で作り上げてきた関係、そして舞姫が獲得した五中でのポジション、それぞれが思い入れがあり失いたくないと想っている場所を離れてしまい、次第にもとに戻っていく日常においてそれぞれが直面する新たな問題「人力リバーフェスタ」への参加。毎年五中は裏方のみで参加するはずが今年はそらご祭での盛況ぶりが影響し学校命令で何か表の貢献をするハメに。そこでそらご祭同様青美女学院と合同で行なおうと舞姫に持ちかけ舞姫も曖昧ながらそれを承諾するが・・・。

この人力リバーフェスタが元で雪国と舞姫の関係に歪が生じはじめ、ついには軽い姉弟ゲンカにまで発展。いつの間にか自分の居場所になってしまていた入れ替え先での生活が元の生活に戻り、遠くに感じてしまいお互いにお互いの場所を羨望してしまう。ささいなことで張り合ってしまった結果ついには蜜からデートに誘われた舞姫はそのまま彼女とのデートに自分自身が行ってしまう。

しかし、デートに向う中どうしても心がもやもやする舞姫は土壇場で大胆な行動をとるが、それがあだとなりベタなコント的事件に巻き込まれる。しかし最後は大団円と舞姫らしい責任の取り方でした。あのコントじみたイベントを見たときにふと頭にめぞん一刻がよぎったよ^^
まあ今回は間に合ったわけですが。

このデートの件がきっかけで仲直りをした雪国と舞姫。
次に彼らを待ち受けている問題は、人力リバーフェスタの出し物として上がっていた「演劇」。しかしそれは青美女子学院でローズロワイアルとは反目する中部連達の出し物とかぶる事に。本格的な演劇部を要する中部連は雪国たちの行動が面白くなくついには合法的な妨害までしてくる。
自分のふがいなさに打ちのめされる雪国。そんな彼を立ち直らせたのは意外な人物だった。

ラストは少しサスペンス的な展開になってきましたが、ぶっちゃけ怪しい人が独りだけいるんですけど。
私の的中率一ケタ台のへっぽこ推理は置いといて、次巻はこの波乱を読んだ人力リバーフェスタの続編となりますが、まだまだ入れ替えの秘密を握る誰かさんの剣と中部連との軋轢・衝突をどう乗り切るか?
恋模様も様々なところでフラグが立ち始め、ラブコメとしても面白くなってきました。
個人的に芝目と舞姫ペアの今後が気になる〜。

問題やまずみの前半でしたが後半は立ち直った雪国たちの反撃なるか!?
posted by When at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士見ファンタジア文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。