2008年10月18日

ミスマルカ興国物語V/[林トモアキ]

ミスマルカ興国物語 III (角川スニーカー文庫 150-22)ミスマルカ興国物語 III (角川スニーカー文庫 150-22)
林 トモアキ

角川グループパブリッシング 2008-10-01
売り上げランキング : 1379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


激熱・林トモアキの王道“系”ファンタジー、絶好調の第3弾!

ゼンラーを超えるフリーダム(奇跡)は起こるか!?

敵味方をも欺くマヒロの言動が面白すぎるのこシリーズ。あの予想外のマヒロのフリーダムさが光った2巻のインパクトを超えられるか期待せずにはいられない第3巻。正直アレ以上はそうそう超えられないと思いつつも何をしでかすか予想できない彼の行動から目がはなせません。

今巻から聖魔杯・紋章編みたいな感じで世界中にちらばっている紋章を探す旅に出たマヒロ一行と帝国との知略の数々と駆け引きが見所な新章。
第1の紋章は中原、共和国、帝国と隣接する商業都市ヴェロニカで実施されるお祭り「七領祭」で催されるキャラバンレースの優勝賞品になっているため、マヒロおよびその紋章を手に入れようと画策する帝国側からも長谷部沙耶香、自称文学少女系キシリングマシーンのキャステア、そして帝国第一皇女シャルロッテの部下である特務官ルディの3名が参戦。

続きを読む
posted by When at 09:41| Comment(34) | TrackBack(0) | スニーカー文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

ハイスクールD×D1 旧校舎のディアボロス/[石踏一榮]

ハイスクールD×D1  旧校舎のディアボロス (富士見ファンタジア文庫 い 3-1-1)ハイスクールD×D1 旧校舎のディアボロス (富士見ファンタジア文庫 い 3-1-1)
石踏 一榮

富士見書房 2008-09-20
売り上げランキング : 7733
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


部活動は悪魔!? 落ちこぼれ高校生ガンバる!

悪魔・・・の下僕になった少年の悪魔修行。

久々の石踏作品。昔この人のケータイバトル作品「電蜂」が結構好きだったので今回数年ぶりに読んでみました。うん、凄い面白いってほどではないけれどそれなりに熱くて面白かった。これも王道路線を忠実に構成されているのでそんなにハズレではなかったかな。

相変らず設定が中二病っぽいのですが、それはそれで氏らしいので深く考えずに読みました^^
テンポが良いですね。さくさくっと展開するストーリー、でもちゃんと必要なパーツは落とさず組み込まれているので特に違和感なく読めました。ただ、ラストもこのテンポを保ったままサクサクっといってしまたので一番の盛り上がり部分はちょい物足りなかったかな。もう少し苦戦しても良かった気がしますが、それでもグダグダになるよりは何百倍もましですけどね。

続きを読む
posted by When at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士見ファンタジア文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

白銀のローレシアン 〜願う少女と迷い糸/[上原りょう]

白銀のローレシアン―願う少女と迷い糸 (一迅社文庫 (う-01-01))白銀のローレシアン―願う少女と迷い糸 (一迅社文庫 (う-01-01))
上原 りょう

一迅社 2008-09-20
売り上げランキング : 10590

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


運命の糸が紡ぐ激辛と奇跡の冒険ファンタジー。

ある日目が覚めると自分の親指に赤い途中で切れた糸が結ばれているのに気付いた武実は、その日を境に自分以外のものにも様々な色の糸が指につながっていることを発見する。そして武実の思っていた通りにに人の思いを操れる異能力はその仕様とともに自信の指に痛みを伴うものだった。

武実が通う学園には武実の思い人である天然系天真爛漫美少女・月鶫と学園の理事でもあり、死の商人として世界にその名を知らしめる加陽院グループの令嬢・黎子(通称・女)が通い、平凡な日常を暮らしてきた武実にとってはまったく接点を持つ事がないと思っていた日常がこの異能の所為で一変してしまう。

続きを読む
posted by When at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 一迅社文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート/[森田季節]

ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1)ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1)
森田 季節

メディアファクトリー 2008-09
売り上げランキング : 4023

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


せつなさはロック

革命の始まりはロックから。

これはこれでまた凄い作品が出てきたもんだ。
なんとも恐ろしく切なくて寂しい・・・でもなぜか暖かくなってしまうような不思議さがある作品。
すごくネガティブな雰囲気で繫がっていく音楽(物語)が次第にアップテンポになり、絶望的な過去の出来事と螺旋のように続いていくはずの未来を断ち切っていくポジティブな音楽へ変っていく面白さが十分に読み応えがありました。でも、合う合わないが絶対に出てきそうな癖のある作品でもあると感じました。

続きを読む
posted by When at 22:24| Comment(12) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。