2007年09月30日

とらドラ4!

とらドラ 4 (4) (電撃文庫 た 20-6)とらドラ 4 (4) (電撃文庫 た 20-6)
竹宮 ゆゆこ

メディアワークス 2007-01-06
売り上げランキング : 12548
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


帯にどこか変な面々が織り成す超弩級ラブコメと書かれていますが、本当にこいつら変なやつらばっかです。が、それがこの作品に加味され、深い味わいをかもし出してます。
今巻もニタニタ+笑いが止まりませんでした。ゆゆこ先生は私を社会不適合者にするきか!!

第4巻は3巻の竜児争奪水泳大会で竜児の身柄を賭けた亜美との戦いに敗れ、『竜児は私のだぁ』宣言をし、なんだかんだと夏休みにいつものメンバーで亜美の別荘へ行くことになった大河たち。
大河、竜児それぞれあこがれの人との一緒の旅行に『一生に一度しかない17歳の夏』と銘打ってどちらをサポートするかバドミントンで勝負をつけようとする。が、なぜか猛獣大河(タイガー)とハスキー犬とのがっぷり四つのバトルになってしまった。ハスキー犬とバトルできるヒロインなんてそうはいません。
プロローグから犬未来の夢で始まった4巻ですが、虎VS犬が見れるとは思っても見ませんでした。
3巻のインコちゃん殺鳥未遂事件もそうですが、冒頭のつかみは今回もOK

続きを読む
posted by When at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオカミさんとおつう先輩の恩返し

オオカミさんとおつう先輩の恩返し (電撃文庫)オオカミさんとおつう先輩の恩返し (電撃文庫)
沖田 雅

メディアワークス 2006-12
売り上げランキング : 91314
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最初に一言『これ、なんてエロゲー?』

作中にも著者自身で語っていますが私の総評も上記の通りです。
1巻からうすうす思っておりましたが、徐々にピンク街道まっしぐら軌道に乗りつつあります。
最近のライトノベルには過剰な描写が増えてきていますが、まだオオカミさんシリーズはオブラートがぎりぎりかかっているのでこれ以上は別の意味でライトじゃなくなってしまいそうです。

続きを読む
posted by When at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神曲奏界ポリフォニカ プレイヤー・ブラック

神曲奏界ポリフォニカ プレイヤー・ブラック (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ プレイヤー・ブラック (GA文庫)
大迫 純一 BUNBUN

ソフトバンククリエイティブ 2006-12-14
売り上げランキング : 64264
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


思わぬ長期休暇に喜び勇んで出かけたマナガとマティア。
だが5人の若者と楽しく過ごすはずだった夜は、突然の爆発によって破られた!
山に潜む“なにか”が迫りくるなか、マティアは謎を解くことができるのか!

降って湧いたような突然の休暇。
にんまりしながらスキーにでかけた二人だったが、宿はすべて予約で満員。
ようやく学生四人が遊びに来ている山荘に拾われたまではよかったが、楽しいはずの一夜は突然の爆発で破られる。
豪雪に閉ざされ、電話線も切れた山荘で犯人を捜す二人。
マナガまで原因不明の衰弱に陥り、閉ざされた山荘で皆が疑心暗鬼に陥ったとき、森に潜む何かがその牙を剥いた!
黒のポリフォニカ第3弾登場!


続きを読む
posted by When at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店

付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います (電撃文庫)付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います (電撃文庫)
御堂 彰彦

メディアワークス 2006-10
売り上げランキング : 4978
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


10月頃にイラストに惹かれて購入した作品で、今月初めにようやく読みきり、レビューし忘れていました。つまり、印象が薄かったのが印象です^^

アンティークを扱う不思議なお店のお話です。アンティークは世間一般的に『古美術品』、『骨董品』というイメージですが、この劇中の中でのアンティークとは{{{不思議な力を持つ古物}}}と言う位置づけです。決して、1人の女性に9人の美男子がひっかえとっかえアッタクしてくるコーエーのネオロマンスゲームではありません(爆

続きを読む
posted by When at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼロの使い魔10巻〈イーヴァルディの勇者〉

ゼロの使い魔 (11)ゼロの使い魔 (11)
ヤマグチ ノボル

メディアファクトリー 2007-05
売り上げランキング : 606
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ツンデレファンタジー第10弾です^^
前巻ラストから雲行きが怪しくなってきたルイズとサイトの関係ですが、10巻前半は予想通りぐずぐずです。勘違いがすれ違いを生むこの悪循環、鬱モード突入かと思いきやタバサの幽閉騒ぎで表面的には持ち直してきました。

続きを読む
posted by When at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神曲奏界ポリフォニカ インフィニティ・ホワイト

神曲奏界ポリフォニカ インフィニティ・ホワイト (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ インフィニティ・ホワイト (GA文庫)
高殿 円 きなこひろ

ソフトバンククリエイティブ 2006-11-14
売り上げランキング : 56580
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


地球とポリフォニカの物語がリンクし始めてきました。
スノウが唄っていた唄は、地球の偉人であるモーツァルトやベートーベンの名曲だった。
スノウ自身地球のそれも日本の生まれ『トオサカ シラユキ』という名の天才音楽少女で、幼少時代に白の聖獣『ブランカ』の思惑でポリフォニカへつれてこられた推測されている。

続きを読む
posted by When at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

神曲奏界ポリフォニカ エターナルホワイト

神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト (GA文庫)
高殿 円 きなこひろ

ソフトバンククリエイティブ 2006-07-12
売り上げランキング : 49039
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ついに白ポリを読みきりました。

感想(心の叫び):蝶おもしろい!!クリムゾンよりも面白いかもしれん。かなり気に入りました。

やはり赤ポリを読んでから白ポリを読むと面白さ倍増されます。同じ世界で時間軸の違う二つの作品(シェアワールド)では、現代の赤ポリ、過去の白ポリと言う位置づけで物語が進行しており、赤ポリで登場する精霊たちも登場しているため、各キャラの過去が語られたり、始祖精霊や聖獣などが次々と登場し、どのように現代の赤ポリにつながったのか解明されてきています。
しかも白ポリではじめて語られているように『地球』と『ポリフォニカ』はパラレルワールドのようで異世界として存在が確認され、強大な力を持つ上級精霊は行き来が可能と判明しました。
まさかポリフォニカの世界が地球とのつながりを持つ作品だとは思っても見ませんでした。完全な独立型オリジナルファンタジーだと思っていたのに。意外な事実も判明しますます盛り上がってきました。

続きを読む
posted by When at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぷいぷい!3

ぷいぷい3! (MF文庫J)ぷいぷい3! (MF文庫J)
夏 緑

メディアファクトリー 2006-10
売り上げランキング : 14426
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


良くも悪くも第3巻です。
テンポは非常によかった。が、唐突に分岐ストーリーに突入するので混乱してしまいました。
今回はサブストーリーを複数用意し、時系列に並べた感じです。

右京と雅の絶叫バトルはかなりうけました。右京の相変わらずズレタ思考が漫才風にうまくまとまっています。キャラ的にすごく絡みずらいと思っていましたが、根がまっすぐで好印象です。前回まで意地悪寮長だったのに。

続きを読む
posted by When at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼女は帰星子女4

彼女は帰星子女〈4〉 (電撃文庫)彼女は帰星子女〈4〉 (電撃文庫)
上野 遊

メディアワークス 2006-10
売り上げランキング : 163746
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ついに完結。
ラスト読みながら目頭が熱くなりました。私はかなり甘っちょろいラブストリーが好きみたいです。

この第4巻で望の男前度が急上昇しました。周りに、そして望に迷惑をかけないよう宇宙へ戻ると決断した絹を説得しようと決意する望は情報局で叛旗を翻した星野特尉と共に奪還作戦に参加する。
望が出した結論に私は正直感銘を受けました。


生活とは生きるための作業のことではない。「誰かといる」実感が成り立たせるもののことだ。
生きることはきっと一人では軽すぎるのだ。誰かを後ろに乗せてそれでようやくバランスが取れる。
僕は生き残りたいんじゃない。僕がしたいのは「生存」じゃなくて「生活」だ。
僕らは一人で生きてるんじゃないよ。つながりあって生きているんだ。一緒に生きようよ、絹



中盤とラストの一文です。望は自分がどうしたいのか、どうなりたいのかを自覚し行動を起こしたこの少年が少しうらやましく思いました。かなり感情移入して読み込んでいたので、ラストの絹を迎えるシーンでもらい泣きしてしまいました。
たまたまBGMにKOKIAの『I Believe〜海の底から』がかかっていたので、倍増されてしまいました。ほんとにこのラストにぴったりな曲で神がかっていました。

総評
ポリフォニカクリムゾンのコーティカルテ、星界シリーズのラフィール、そして今作品の絹といい尊大系のしゃべり方ヒロインが私のツボだと気付きました。続きを読む
posted by When at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼女は帰星子女3

彼女は帰星子女〈3〉 (電撃文庫)彼女は帰星子女〈3〉 (電撃文庫)
上野 遊

メディアワークス 2006-06
売り上げランキング : 177900
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


SF青春ラブストリーと銘打っているこの作品でアクション+サスペンスを味わえるとは思っても見ませんでした。なかなか作者も冒険していると感じます。1、2巻に比べて少し描写が荒くなっているところが残念ですが、まあそんなに気にならない程度なので想定内としておきましょう。

続きを読む
posted by When at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。